転職・求職

転職エージェントに登録するメリット/費用・手数料は無料!

転職活動をする際に不可欠ともいえるのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントは、「人材紹介会社」「人材バンク」などとも呼ばれますが、正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれます。

転職エージェントのサービスは、有料で提供されていることになりますが、転職エージェントから紹介された転職者が、紹介先の会社に採用されることが決まると、転職エージェントには、求人会社からコンサルティング費用や手数料などが支払われるので、転職者は、無料でサービスを受けることができます

転職エージェントは、提供するサービスの対価を、人材を紹介されて採用した会社から得ているので、転職者が登録料などの費用を負担することはありません。

事業としてサービスを行っている転職エージェントは、厚生労働大臣の許可を受けているので、安心して転職に関するサービスを受けることができます。

ちなみに、エージェントとは「職を探している人」と「人材を採用したい会社」の間に立ってくれる人のことで、和訳すると「代理人」「仲介者」という意味になります。

転職エージェントを活用するメリット

転職活動は、現在の仕事を続けながら行うことが多いので、時間の制約を受けることが多いです。

自分に合った転職情報を入手するだけでも、かなり大変な上、面接日程を調整したり、書き慣れない職務経歴書を作成したりと、やらなければならないことは、意外にたくさんあります。

限られた時間でそれらのことを難なくこなしていき、面接で上手く自己アピールをして、晴れて希望した会社に採用となるためのハードルは、決して低いものではありません。

自分一人で転職活動をしていると、要領がつかめず、心が折れそうになってしまうかもしれません。

そんな時に、転職活動の強い味方になってくれるのが「転職エージェント」です。

転職エージェントを活用することで、かなり効率的かつスムーズに転職活動を進めていくことができ、転職のプロがサポートしてくれるので、安心感も大きくなります。

転職エージェントに登録するメリットには、次のようなものがあります。

・エージェント独自の非公開の求人案件や独占の案件を持っていることが多い。
・会社の内部情報や具体的な仕事内容などの情報を提供をしてくれる。
・履歴書や職務経歴書の書き方などの指導をしてくれる。
・時間が制約される中、面接の日程調整など、転職活動のサポートをしてくれる。
・仕事に関する自己分析や面接対策などのアドバイスが受けられる。
・会社との労働条件や年収などの交渉を代行してくれる。
・転職活動全般について、客観的な観点からのアドバイスが受けられる。
・エージェンシーの信用力などによって、内定率が上がることがある。


転職活動をして、より良い会社に転職するためには、「転職エージェンシーに登録することが必須」といっても過言ではありません。


転職エージェントへの登録・選び方

全国には、6,000社を超える転職エージェントがあるといわれています。

エージェントの規模、紹介してくれる会社の業種など様々です。

大手の転職エージェント
・リクルートエージェント
・DODA(インテリジェンス)
パソナキャリア
JACリクルートメント(外資系に強い)
・Spring転職エージェント
・マイナビエージェント
・エンエージェント
・キャリスタ就活エージェント
・ヒューマンソリシア
・テンプスタッフキャリアコンサルティング
・キャプラン など
中堅の転職エージェント
・ワークポート
・ギークリー
・クライス&カンパニー
・エリートネットワーク
・アクシスコンサルティング
・ムービン・ストラテジック
・キャリア
・MS-JAPAN
・プロコミット
・ネオキャリア
・レイス など

大手の転職エージェント

大手の転職エージェントは、転職活動の経験がなくても一度は聞いたことがあるような会社が多く、ブランド力や知名度などにより、多くの求人数、強い集客力をもっています。

大手の転職エージェントは「総合型」で、転職を希望する多くの候補者に求人を案内し、マッチングしていくといったサービスモデルが基本です。

大手の場合は、どのエージェントも、求人に関しては十分に充実しているので、転職活動に当たっては、コンサルタントのサービスのクオリティが、それぞれのエージェントの差別化につながります。

どれだけ良いキャリア・コンサルタントに担当してもらえるかが、重要なポイントになります。

大手では、ほとんどが分業制で運営していて、法人担当のリクルーティング・アドバイザーと個人担当のキャリア・アドバイザーとに分かれて、サービスを提供しています。

中には、法人担当を経験したことがないキャリア・アドバイザーもいますが、この場合は、求人に対する理解度が高くないということもあり、多くの求人を紹介するということが多くなります。

もちろん、法人・個人の両部門に精通した、優秀なアドバイザーもたくさんいます。

ただ、組織の構造上、確率論的なマス対応の手法になってしまいがちであるということは、否めません。

大手の転職エージェントを利用するメリット・デメリット

大手の転職エージェントの最大のメリットは、保持している求人数が非常に多いということです。

スケールメリットもあり、中堅以下のエージェントでは真似のできない数の求人数を保持しています。

ただ、全体として保持している求人数が多いのは確かですが、そのことが、必ずしも良い転職に直結するとは限りません。

転職市場では、新卒市場とは異なって、即戦力の人材が求められることが多くなり、転職者に求められるスキルの質や幅も多岐にわたります。

自分のスキルとマッチしない求人にいくら応募しても、内定を勝ち取るのは難しいです。

多くの求人の中から選択できるということは、一見すると、転職の満足度が上がりそうな気がするかもしれませんが、実際のところは、意外とそうでもないということも多いです。

大手の転職エージェントでは、多くの求人がありますが、個人担当のキャリア・アドバイザーが、その多くの求人の一件一件の内容をしっかりと把握することが、非常に難しい状況になっているということです。

キャリア・アドバイザーが求人内容の詳細をよく把握しないまま、表面的な情報だけで、転職希望者に求人を提案していることも少なくないようです。

大手の転職エージェントへの登録は1~2社

転職活動をする際には、複数の転職エージェントに登録するのが一般的ですが、大手エージェントへの登録については、「リクルートエージェント」「DODA(インテリジェンス)」「パソナキャリア」などのうちのいずれか1社(多くても2社)に登録して、有能なキャリア・アドバイザーに担当してもらえれば、それで十分です。

大手の場合は、どのエージェントも多くの求人数を保持しているので、後は、どれだけ有能なキャリア・アドバイザーに担当してもらえるかが鍵となりますが、大手の中でも、「パソナキャリア」は親身で丁寧なサポートで定評があります。

特にこだわりがなければ、大手の転職エージェントでは「パソナキャリア」に登録することをおすすめします。

また、外資系を希望する場合には「JACリクルートメント」への登録が必須といえます。

中堅の転職エージェント

中堅の転職エージェントは、総合型よりも特定の業界に特化したエージェントが多いです。

会社の規模でいうと、大手エージェントが、千人を超えるスタッフで運営されている場合があるのに対して、中堅エージェントの場合は、数十人~百数十人のスタッフで運営されているのが一般的です。

サービスの提供に当たっては、大手と同じく分業制をとっている場合もありますが、そうでないエージェントも多数あります。

中堅の転職エージェントを利用するメリット・デメリット

中堅の転職エージェントは、総合型の場合もありますが、医療、金融、ITなどの業界特化、経理などの職種特化など、ある分野に特化していることが多く、比較的専門性の高いサービスを提供しているエージェントが多いです。

大手エージェントに比べると、求人の網羅性という点では劣るかもしれませんが、分野によっては、大手も保持していないような求人を保持している場合もあります。

特定の業界や業務に対して深い知識を持ったアドバイザーも多いので、ある程度、転職する業界や職種が定まっている場合には、大手以上に頼りになることも少なくなく、大きなメリットになるといえます。

逆に、転職する業界や職種が定まっていない場合には、求人の網羅性が偏ってしまうので、業界や職種を特定せずに転職活動をする場合には、デメリットになる可能性が高くなります。

また、大手に比べて、年齢の高いアドバイザーが多い傾向にあるので、職務経験が豊富なアドバイザーに担当してもらえる確率が高くなるということも、メリットの一つといえます。

小規模の転職エージェント

転職エージェントは、小規模、個人規模の会社が数多く存在し、前職の業界の知識や人脈などを活かして、サービスを提供しているエージェントも多いです。

小規模のエージェントでは、分業体制でサービスを提供していることはほとんどなく、企業の側も転職希望者の側も同じ人が担当している場合がほとんどです。

小規模の転職エージェントを利用するメリット・デメリット

小規模エージェントは、ある特定の業界や職種に専門性が強く、求人会社との強い人脈や関係性を持っていることも多いです。

また、小規模で個人事業主のような感覚で運営していることが多いので、大手のように営業ノルマに追われることもなく、商売気が少なく、営業色が薄いというのも、一般的な特徴として挙げられます。

大手のエージェントが登録型で運営しているのに対して、小規模エージェントでは、サーチ型の運営をしていて、対象となる案件をピンポイントで紹介するということも多いです。

また、会社との独自の人脈や関係性から、求人会社のトップに直接提案して採用枠を新たに作りだしたり、信頼関係によって内定の確率が大幅に高くなったりすることがあるという点は、大きなメリットとになるといえます。

逆に、このような強みを持たない小規模エージェントは、利用するメリットが少ないともいえます。

小規模エージェントでは、担当のアドバイザー個人との関係が強くなるため、メールのやりとりや電話での印象、振る舞いなどで、アドバイザーと相性が合わないと感じた場合には、スムーズに転職活動を進めていくためにも、早々に辞退するという選択肢も頭に入れておきましょう。

小規模エージェントを利用する際には、業界や紹介される会社などについての深い知識を有し、強い関係性を保持しているかという点が、そのエージェントを利用するかどうかを判断する、大きなポイントになります。

~・~・~・~・~・~・~

一口に転職エージェントといっても、規模や運営形態など、様々な種類の転職エージェントがあり、それぞれに特徴があります。

転職エージェントを利用する目的を明確にした上で、自分に合っていると思われるエージェントに登録するようにしましょう。

どの転職エージェントに登録すれば良いか判断ができないという場合は、まずは、「リクルートエージェント」「DODA(インテリジェンス)」「パソナキャリア」などの大手エージェントのうちから一つ(または二つ)(外資系を希望する場合は「JACリクルートメント」)に登録し、それに加えて、自分が転職したいと考えている業界・職種を専門にしている中堅・小規模エージェントがあれば、それに登録するようにするといいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする