転職・求職

転職するかどうか悩んだ時に考えてみること

「仕事について行けない」「給与が安すぎる」「人間関係に疲れた」など、転職を考えるきっかけは様々です。

しかし、今の会社を辞めるにはリスクが高いです。

今までと同じだけの給料がもらえるかどうかもわからず、新しい仕事をまた最初から覚えるのも大変です。

そう簡単に、転職に踏み切れない場合も少なくありません。

ただ、転職するかどうかを悩むということ自体、ある意味、運が良いと言えるかもしれません。

「突然のリストラ宣告」「会社の倒産」「家族の介護が必要になった」など、何の前ぶれもなく転職せざるを得なくなることも結構多いからです。

転職するかどうかを迷っている段階では、「衝動的にすぐに今の仕事を辞めるようなことはしない」ということが大切ですが、場合によっては「すぐにでも転職をした方が良い」というパターンもあります。

転職を考えるきっかけとなりやすい、

・仕事について行けない
・給料が低い
・人間関係に疲れた
・体調を崩した
・会社が信用できない

の5つパターンについて考えてみます。

「仕事について行けないので転職したい」という場合

与えられた仕事をきちんと熟(こな)せない場合には、経験豊富な先輩や信頼できる同僚などに相談してみましょう。

もしかしたら、仕事を教えてくれる上司や先輩との相性が悪いだけなのかもしれません。

直属の先輩だけではなく、話を聞いてくれそうな先輩や気の合う同僚など、多くの人に相談してみると、解決のきっかけがつかめることもあります。

相談する際には「こういう作業なんだけど、○○が良い?それとも△△が良い?」というように、自分の仕事に関するいくつかの具体例を挙げて、答えが選択できるように質問すると、聞かれた側もより答えやすくなります。

それでも、どうしても仕事について行けなくて悩んでしまった場合には、上司に相談してみましょう。

配置転換をしてくれるかもしれませんし、作業内容を変えてくれるかもしれません。

別の工程から取り掛かってみたら、俄然出来るようになったというような事例もあります。

いずれにしても、あまり思いつめないようにすることが大切です。

仕事についていけない原因がわからないままの状態で転職しても、新しい職場で、また同じような事態になってしまうかもしれません。

転職活動を始めるのは、自分が仕事で躓いている原因を見極めてからにしましょう。


「給料が低いから転職したい」という場合

同期の人と比べて、著しく給料が低いという場合には、転職を考えた方が良いかもしれません。

今は給料が低くても、経験を積むことで給料が上がっていく可能性もありますが、一般的に、昇給額は微々たるものです。

翌月から給料が2倍になったりすることは、まずありません。

給料以外に、仕事へのやりがいを感じていたり、人間関係が良好であるなどのプラス面があるのであれば、もう少し頑張って今の仕事を続けてみても良いかもしれませんが、長期的に考えて、自分の描いている人生プランを実現できるかどうかを考えてみることも大切です。

結婚のこと、子供のこと、マイホームのことなど、どれも必ず金銭的なことが関わってきます。

今の仕事を続けていった際の将来的な収入額のことも考えてみて、夢を実現するのに十分な収入を得ることが難しいと思えるなら、転職することを考えてみましょう。

「人間関係に疲れたから転職したい」という場合

会社で働いていると、上下関係、取引先との関係、同僚との関係など、様々な人間関係が生じます。

職場での全ての人間関係が、何の問題もなくスムーズであるということの方が珍しいくらいです。

問題は、その人間関係にどれくらいのストレスを感じるかということです。

どんな職場にも、煩わしい人間関係はあるものなので、気分転換などでそのストレスが発散されるような場合には、人間関係を理由に転職を考えるのは早計といえます。

しかし、自分だけではどうしても解決できない人間関係に悩んでいる場合は、上司に相談してみましょう。

直属の上司が原因の場合には、その上司の上司に相談しましょう。

相談する際には、感情論ではなく、これまでに受けた理不尽なことを淡々と報告するようにしましょう。

何か証拠があれば良いのですが、大抵は「言った言わない」で終わってしまう可能性が高いので、「こういうことをされて、自分はこういう風に傷ついた」と客観的に報告するようにしましょう。

これで状況が改善されることもありますが、うやむやにされてしまうことが多いのも現実です。

そんな時には、それでも今の会社で働き続けるだけの魅力があるのか、辛抱して仕事を続けていくだけの給料を貰っているか、今後改善のチャンス(人事異動等)があるのかなどを基準に考えて、難しいと思えたなら、今の仕事を潔く辞めて転職するという選択もアリです。

転職活動を始めることを考えてみましょう。

「体調を崩したから転職したい」という場合

仕事が原因で体調を崩した場合は、すぐにでも休暇を取って休養することが大切です。

体調が回復するまでに時間がかかりそうな場合には、休職することが必要な場合もあります。

休職の場合は、給料の6割程度の傷病手当が給付されることもあります。

体調不良でも休暇が取れないような会社は、それだけでブラック企業である可能性があります。

そんな場合は、問答無用で、当日連絡を入れて病院に行き、診断書を貰っておきましょう。

診断書を見せても、休んだことをとやかく言うような会社は、すぐにでも辞めた方が良いです。

会社には自主退社扱いだったとしても、診断書があれば、失業保険の待期期間が短くなることもあるので、ハローワークで状況を説明し相談してみましょう。

仕事で体調を崩すということはないことではありませんが、問題なのは、どういう状況で体調を崩したかということです。

あるプロジェクトなどの一時的な繁忙のために体調を崩してしまったような場合には、そのプロジェクトが終了すれば、体調が戻ることは十分に考えられますが、日常的にハードな業務のために体調を崩したような場合には、その状況で仕事を続けていけば、さらに体調が悪化することも考えられます。

大切なのは、どういう状況で仕事をしていて体調を崩したかということで、その状況は、近々に改善される見込みがあるのかということです。

改善の見込みがない場合には、その状況を脱するために、転職が有効な選択肢になり得ます。

「会社が信用できないから転職したい」という場合

仕事をどのように捉えているかで見解は変わるところですが、会社が信用できなくて転職を考えている場合は、少なくとも仕事にはそれなりのやりがいや、会社への貢献を認めてほしいという思いがあると考えられます。

まずは、仕事そのものを他の会社でもすることができるのかということを考えてみましょう。

会社が信用できなくなった内容が、景気の低迷など、今後改善できそうなことならば、もう少し現状で頑張ってみるのも一案です。

しかし、会社が度々従業員に嘘をつく、方針がころころ変わる、従業員を大切にしていないなどというような場合は、転職が有力な選択肢になります。

今の仕事を続けながら、転職活動を始めましょう。

まとめ

人生には、色々なターニングポイントがあります。

転職も、そのターニングポイントのうちの一つです。

まずは、今の自分の置かれている状況や仕事の内容を客観的に把握して、現状をしっかりと分析してみましょう。

転職するかどうかを悶々と悩んでいる状態であれば、まずは転職サイトに登録して、どのような求人があるか見てみるだけでも、今の自分の状態が判りやすくなります。

その上で、本当に転職するかどうかの判断を下すようにしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする