転職・求職

転職の採用内定が複数出た時の会社の選び方

転職活動を続けて行く際に、複数の企業に応募するのは良くあることです。

そして幸運にも、複数の企業から採用内定が出たら、これまでの努力が報われたこと、自分を必要としてくれる企業が複数あったことを、まずは素直に喜びましょう。

それから、じっくりと考えましょう。

大切なのは、新しい会社に入ってからの、その後の生活です。

「こんなはずではなかった」と再度転職活動を行うようなことにならないためにも、できることはしっかりとして、最後の確認を怠ることがないようにしましょう。

採用内定が出た後に確認すべきポイントを3つに絞って紹介します。

労働条件の確認

採用内定が出ると、企業から「労働条件を記載した書面」を受け取ることになります。

一般的には「労働条件通知書」と呼ばれる書面ですが、労働条件を文書で通知するのは、企業の義務とされています。

「労働条件を記載した書面」は、実際の紙に記載された文書が郵送される場合もあれば、pdf等の電子媒体で送付される場合もあります。

労働条件を記載した書面を受け取ったら、まずは、求人票との労働条件と比べてみて、差異が無いかを確認しましょう。


労働条件の主な確認事項

・雇用形態(正社員/契約社員/派遣社員/アルバイト 等)
・給与
・勤務地
・労働時間
・福利厚生(各種保険の加入状況 等)
・休日日数、有給休暇の数
・仕事内容 など

これらのうちの一つでも求人票と異なる場合には、その企業への就職は見合わせた方が無難です。

入社後に、さらに条件が変わっていく可能性も高いからです。

入社する前から虚偽の提示をするような企業を信用することができるでしょうか。

ただし、面接時に説明された事項が盛り込まれているような場合は、その限りではありません。

面接で聞いていなかったことも含め、まずは採用担当者に質問してみましょう。

質問への回答で納得できないような点があれば、潔く内定は辞退した方が良いでしょう。

労働条件は求人票に基づいているけれど、給与が思っていたよりも低いというような場合には、給与の交渉は行えますが、提示額より大幅にアップすることはまずありません。

転職エージェント経由であれば、エージェントに任せると良いですが、自分で交渉する場合は「前職での給与額」「入社に自分が貢献できる成果の度合い」などが、交渉を成功させる一つのカギとなります。

また、残業が多いと感じる場合には、それは自分の仕事の進め方で何とかなるものなのか、恒常的に残業するような風習があるのかを見極めることが大切です。

残業時間のことを聞くのは悪いことではないので、できれば、面接時に聞いておいた方が良いでしょう。

面接時に感じた「会社の雰囲気」を思い出す

労働条件に納得できる場合には、今一度、面接で会社を訪問した際の雰囲気を思い出してみましょう。

採用担当者は、外面は良く見えることが多いので、それ以外の

・受付での対応
・面接会場に通されるまでの社内の様子
・面接時の採用担当者以外の面々の雰囲気
・帰り際の社内の様子
  
等を思い出してみましょう。

・受付から面接会場に通されるまで、待たされずにスムーズに通されたでしょうか?
・面接会場(会議室の場合が多い)と、それまでの通路は散らかっていなかったでしょうか?
・面接官は、全員自分の名前を名乗ったでしょうか?(名乗らないで面接を始める場合も多いです)
・質疑応答の雰囲気は威圧的ではなかったでしょうか?
・帰り際、追い出されるような感じは無かったでしょうか?

その会社に就職したら、一日の大半をそこで過ごすことになります。

雰囲気に馴染めないような気配を感じたら、その会社の優先順位は低くするのが得策です。

第2希望の会社への内定受諾後、第1希望の会社から内定が出たとき

雰囲気もそんなに悪くない第2希望の会社の採用内定を承諾した後に、第1希望の会社から採用内定通知が届いた場合は、「もう少し早ければ」と地団駄を踏みたくなるものです。

しかし、あきらめる必要はありません。

一番大事なのは、これからの自分の人生です。

まずは、本当に第1希望の会社がベストなのかを、改めて吟味してみましょう。

面接に行った際の会社の雰囲気がしっくり来なかったということはなかったでしょうか?
全般的な労働条件は良いけれど、毎日残業が多くてプレッシャーがかかりそうな気配はなかったでしょうか?

様々な条件を総合的に考えてみて、ベストと思える会社を選びましょう。

一般的に、一旦採用内定を承諾したとしても、それを撤回することは可能ですし、そのことに対して罰則を受けることもありません。

ただし、内定の承諾を受けた会社側は、あなたの入社のために色々な準備を始めていることは確かなことです。

あなたを採用するために費やした時間や費用を取り戻すことはできないので、もし、内定の承諾を取り消す場合には、速やかにその旨を会社に連絡することが肝心です。

会社によっては、書面での提出を求められることもあります

一旦承諾した内定を辞退することに対するお詫びと、これまで対応してもらったことに対する感謝をしっかり伝えることが大切です。

まとめ

転職活動を始めたばかりの頃は「早く内定がほしい」と思うものですが、いざ内定をもらうと、いろいろなことを考えてしまうものです。

会社から採用内定をもらった人は、何かしらの「内定ブルー」を抱えることも多いようです。

内定をもらった際、少しブルーな気分になるのは自分だけではないので、あまり気にすることなく、今後の自分の人生のことを改めて考えてみて、ベストの道を冷静に選択するようにしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする