転職・求職

人間関係に疲れて仕事を辞めたい/辞め時を判断するポイント

世の中には、色々な人がいます。

職場にも、すぐ怒鳴る上司、相手によって態度を変える同僚、噂好きのお局様など・・・

仕事内容に不満はないけれど、人間関係に疲れて仕事を辞めたいと思ってしまうことも、そんなに珍しいことではありません。

人間関係のストレス

どんな職場でも、人間関係の面倒さは多少なりとも付きまとうものです。

そんな面倒くさい人間関係の中で、毎日仕事を頑張っているのですから、ストレスが溜まるのも当然といえば当然です。

ストレスが蓄積していくと、何もいいことはないので、まずは、ストレスを発散することが大切です。

日々のストレスを解消する手段は、いろいろあります。

趣味を楽しんだリ、友人と飲みに行ったり、スポーツをして体を動かしたり。

また、ボーナスで旅に行ったり、エステに行ったりするのも、効果的なストレス発散になりそうです。

こうして人間関係のストレスを発散して、少しでも気が晴れて「明日からまた仕事を頑張ろう!」と思えるなら、もう少し今の職場で頑張ってみましょう。

とは言っても、ストレスを根本的に解消するには、ストレスの元を無くさなければなりません。

人間関係のストレスの元をなくすためには、ストレスを感じる人にいなくなってもらう必要がありますが、現実的にはなかり難しいと言わざるを得ません。

ですので、人間関係のストレスが原因で、心身がおかしくなりそうだったら、すぐにその職場を離れる(転職する)ということが、有力な選択肢になります。

しかし、まだそこまで事態が深刻でなければ、以下のポイントをチェックしてから、転職を考えてみてはどうでしょう。


自分が何にストレスを感じているかを明確にする

まずは、自分が何をされているかではなく、された事をどう感じて、それがどのようにストレスになっているのかを、客観的に分析してみましょう。

ストレスが重なっていくと、原因となっている人物そのものに焦点を当ててしまいがちですが、最初にストレスとなったきっかけがあったはずです。

ストレスを感じることをする人に対して「そういうことをされると、自分はこのように感じて、とても嫌な思いをします。」と、仕事のプレゼンをするように話してみるのも一つの方法です。

相手は、自分が嫌な思いをしているということを、全く意識せずに行っていたのかもしれません。

相手に悪気はなくても、それをされた自分は不快な思いをしているということの意思表示をすることで、状況が改善することもあります。

また、こういう客観的な発言を第三者に聞こえるように話すことで、周りからも認識されて、そういう態度を取らないように注意してくれたり、他の人の態度を注意してくれることがあるかもしれません。

相手が自分の何が気に入らないのか考えてみる

どう考えても、自分を標的にいやがらせされていると感じた場合には、何が自分を攻撃対象とする原因になったのか、そのきっかけに思い当たる節がないか考えてみましょう。

自分にとっては取るに足らないことだったとしても、相手にとってはプライドを傷付けられるのに十分な理由だったのかもしれません。

もし、自分に謝るべき原因があったとしたら、まずは謝って、次回からは気を付けるようにすると、反省の意を表しましょう。

良識のある人なら、謝った人に対して、なお攻撃しようとは思わないでしょう。

これで、今後の人間関係が改善されていくかもしれません。

自分で原因が思いつかない場合は、信頼できる同僚などに、さりげなく聞いてみても良いかもしれません。

会社に改善の協力を依頼する

どう考えても理不尽だったり、相手に謝っても状況が改善されなかったり、自分には原因が思い浮かばなかったりするような場合は、まずは直属の上司に相談してみましょう。

ストレスを感じる相手が、直属の上司だった場合には、その上の上司に相談しましょう。

自分がストレスと感じていること、相手と自分の言動を考えてみたけれど、不仲になる原因が思いつかないこと、そのせいで仕事に支障が出ていることなどを、客観的に報告することが肝心です。

まとめ

上記のポイントをチェックして対応しても状況が改善しない場合には、転職を考える時期なのかもしれません。

また、会社に改善を依頼しても反応が薄かったり、相手にしてくれないような場合も、転職を考えてみましょう。

人間関係で転職するなんて・・・と思われるかもしれませんが、実は、転職理由で一番多いのが「人間関係の悪化」だといわれています。

ただし、表向きの転職理由は「キャリアアップのため」「キャリアチェンジのため」などの理由が多いので、面接などでの転職理由は、前向きな理由を考えておくといいです。

「嫌なことから逃げ出す」という理由よりも、「今より仕事のしやすい環境を目指す」という方が、気持ちの上でも積極的に転職活動を進めていくことができるでしょう。

現在の仕事を続けながらでも、転職エージェントに登録しておけば、比較的スムーズに転職活動を進めていくことが可能になります。

安心して仕事に取り組める環境を、自らの力で積極的に勝ち取っていきましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする