転職・求職

転職で成功できるのは何歳まで?/年齢に応じた転職活動

勤めていた会社を退職するのには、様々な理由があります。

また、自営業を廃業して、全く新しい業種の会社へ就職しようとすることもあるでしょう。

しかし、転職には様々な不安が伴います。

年齢がハンディになるのではないかということも、不安要素の一つですが、何歳であろうと、転職する必要が生じた場合には、全力で転職活動を進めていくことが何よりも肝心なことです。

ただ、年齢毎に、それぞれの転職市場が同じではないということも覚えておく必要があります。

転職時の年齢層別の傾向と対策とは、どんなものなのでしょうか。

20代の転職活動

20代での転職は、比較的「未経験の職種、や「未経験の業種」にチャレンジしやすいです。

新卒で入社してから概ね3年未満であれば「第二新卒枠」が使えますが、この場合は、仕事に対する経験値は期待されていないので、新卒同様の立場と給与額であるということは、覚悟しておく必要があります。

社会人年数は少ないながらも経験があり、まだまだ将来に向けてのポテンシャルが高い20代は、企業側から見ても、採用したいと思われる人材が多い層であることは間違いありません。

特に「第二新卒枠」は、企業も注目している世代だといわれています。


短期間で辞めた理由を明確に

20代で転職する場合は、必然的に前職での在職年数が短くなりますが、どうして短期間で辞めたのかを、今一度しっかりと分析しておくことが大切です。

一度目の転職ならまだしも、20代で二度以上転職をしているような場合は、「この人を採用しても長く続かないのではないか」と思われても仕方のないことです。

退職理由は、誰もが納得するような退職理由を予め考えておくことが、転職を成功させるための、一つの大きなポイントになります。

具体的には、「ハローワークで失業理由が『自己都合から会社都合に変えられる事例』に当たる理由」「残業時間45時間以上が3ヵ月以上続いた」「会社が倒産した」「体を壊した」「誰かの介護をしていた」等は、誰が聞いても納得する退職理由だといえます。

人間関係が理由で辞めた場合は、前職の悪口を言うのではなく、自分のキャリアアップに繋がるような理由を考えておく方が印象が良く感じられます。

採用面接では、これまでの経験を簡潔に説明しつつ、新たな職場でも心機一転、一生懸命前向きに取り組むというフレッシュさをアピールるすることを心がけましょう。

30代の転職活動

30代は、20代で経験した職場での「社会人としてのルール」が身に付いている世代です。

そろそろグループリーダーや主任、課長レベルの職種を経験している人もいるかもしれません。

この年代になると、大まかな将来的なビジョンとして、「現場・職人への道」を選ぶか「管理職への道」を選ぶかを決めておいた方が良いといえます。

採用する企業側としても、20代のような「使い勝手の良い下っ端」のような人材は求めておらず、ある程度の責任を持って、任務を遂行してくれる人材を求めています。

そういう意味では、20代のように「未経験の業種・職種への挑戦」は難しくなってくる世代といえます。

ただ、これまでの経験を、新しい職場でどのように生かしていくかを上手く説明することができれば、転職に当たって比較的優位に立てる世代であるともいえます。

ただし、次の転職はないものと考えて、転職先の企業を選ぶに際しては、十分に調査し、熟考することが求められます。

また、新しい職場では、前職での職場のルールが通用しない場合も多々あるので、前職のルールにとらわれすぎることなく、新しいやり方を柔軟に取り入れていくというような、前向きな姿勢が大切です。

30代は、現職が忙しい世代でもあるので、転職エージェントを利用することで、転職活動をスムーズに進めていきやすくなります。

面接スケジュール等の調整も転職エージェントがしてくれるので、転職活動の手間をかなり省くことができます。

また、30代は、転職エージェントから企業に売り込みやすい年代でもあるともいわれています。

40代以降の転職活動

40代で転職を考える場合には、やむを得ない理由があって転職を考えることも少なくありません。

立場的にも金銭的にも、色々と背負うものがある世代ではありますが、希望する全ての条件を満たしての転職は、かなり難しいと言わざるを得ません。

20代や30代の頃に比べて、書類選考での通過率が、各段に下がってしまいます。

また、内定が出たとしても、正社員の応募なのに、「契約社員」などの条件付きでの内定という場合もあります。

転職エージェントを利用するのも有効ですが、エージェントによっては「紹介できる案件がない」という理由で、登録自体を断られることもあります。

登録できたとしても、条件に合った求人の提示が少ないという傾向もあります。

まずは「転職を成功させる」という、強い心を持つことが大切です。

どうしてもお金が必要になった場合は、アルバイト等で急場をしのぐということもあるかもしれませんが、それはあくまで「目標の転職を成功させるための通過点」です。

「転職する」という意思はしっかりと持ち続けましょう。

40代以上の転職では、これまでの経験があるため、現場での上位職や管理職へのアプローチが優位になります。

自分では、上位職や管理職への転職は難しいと思い込んでしまっていることもありますが、実際には、それまでの経験を活かしてそれらの職に転職する方が転職しやすい場合もあります。

上位職や管理職への転職なら、登録できる転職エージェントも多くあるので、可能性があることに関しては、恐れずに挑戦してみることも大切です。

採用に当たって、長期出張や転勤がある職種を打診される場合もあるので、転職に当たってどうしても譲れない条件は、予め決めておくようにしましょう。

まとめ

年齢が高くなるにつれて、転職活動が難しくなることは否定できませんが、転職できる年齢の上限というようなものは存在しないといえます。

転職できるかどうかは、結局は、その人の資質によるところが大きいといえます。

焦って希望と異なる職場に転職したとしても、続かずに再度転職活動してしまうようでは、元も子もありません。

転職にあたり、譲れない条件をしっかり押さえておいて、その条件を基準に転職活動を進めていくことが大切です。

条件を高く設定すると、それだけ条件に合う転職の案件も減っていくので、早く転職を決めるためには、優先順位の低い条件を少し下げることを考えてみることも必要かもしれません。

そのためには、自分は今後どういった生活を送っていきたいかを、じっくりと考えてみることも大切です。

親身で丁寧なサポートが定評の転職エージェント『パソナキャリア』



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする