転職・求職

遠方の会社への転職を成功させるための秘訣

転職を考えるにあたり、勤務地は重要な検討条件の一つです。

今住んでいる地での就職を考えるのであれば、転職スケジュールも立てやすいでしょうが、遠方への会社への転職を考えている場合、どうやって活動すれば良いのか悩んでしまうことも少なくありません。

遠方への転職を考えているのには、どんな理由があるのでしょうか。

「地元に戻って働かなくてはならなくなった」
→地元ネットワークを活用

「特定の地へ移住して働きたい」
→夢だけで突っ走らないように、十分過ぎる位の下調べが必要

「地元には仕事が少ないので、都市に出て働きたい」
→将来的に地元に戻れる可能性も模索しておく

地元に戻って働かなくてはならなくなった

地元に戻って働く場合は、地元の親戚や友人・知人等の「地元ネットワーク」をフル活用するのも、一つの有効な方法です。

昔から付き合いのある人は、自分の人柄のことも良く知っていてくれるでしょうし、企業側も知り合いの紹介ということで、入社ハードルも若干低くなることもあります。

現在の職場で転勤を打診してみて、希望地へ転勤させてもらえれば一番良いのですが、それがかなわない場合は、有給休暇などを使って、地元で転職活動をする必要があります。

その際には、転職ネットや転職エージェントなどを活用して、面接の予定などを予め決めておくと効率的です。

現職に在職したままでは、転職活動を行うことが難しい場合には、会社を辞めてから地元で転職活動をせざるを得なくなりますが、その際には、生活資金などをある程度準備しておくことが大切です。

地元に戻って働かなければならない明確な理由がある場合には、転職理由が採用に当たって不利に働くことは、比較的少ないといえます。


特定の地へ移住して働きたい

移住したい理由が「特定の会社」であったり「特定の場所」であったりしますが、いずれにしても移住ありきなので、現地での生活を予めシミュレーションしておくことが大切です。

移住予定地に知り合いがいると情報が入手しやすいですが、生活環境などの情報は事前に十分調べておきましょう。

特定の会社に魅力を感じている場合

魅力を感じている「特定の会社」が遠方にあるのであれば、現在住んでいる場所の近くに出張所などがないかを確認しましょう。

出張所などがあれば、面接などは、そこで行っているかもしれませんし、移住前提の採用であれば、会社の寮を使わせてもらえたり、引っ越し費用などを用意してくれるかもしれません。

移住前提の転職の場合、会社側もいろいろと配慮してくれることもあるので、とにかく熱意を持って臨むことが大切です。

特定の場所に魅力を感じている場合

「特定の場所」に魅力を感じている場合は、「移住」がメインになるので、まずは現在の仕事で在宅勤務などが可能な職種かどうか検討してみましょう。

可能であれば、まずは現在の会社で、勤務条件の交渉をしてみるといいです。

案外、在宅勤務の先陣を切って実績を作ることを喜んでもらえるかもしれません。

在宅勤務などは難しく、移住先の地で就職先を探す場合は、平均賃金などを把握して、現在の収入からどの位の増減になるのかを調べておきましょう。

光熱費などは、かなり異なることもあります。

転職先を探すのは、転職サイトや転職エージェントの利用が中心になるのが一般的ですが、面接はTV会議方式などで行ってもらえる場合もあるので、交渉してみる価値はあります。

遠方の場合は、移動に時間がかかるので、時間にゆとりを持ってスケジュールを立てることが大切です。

地元には仕事が少ないので、都市に出て働きたい

都市部の会社に転職する場合には、転職エージェントをフル活用しましょう。

特に大手の転職エージェントであれば、都市部の求人案件をたくさん持っていて、求人票には掲載されていない、企業の意向などを教えてくれる場合もあります。

ただ、転職エージェントを活用する場合は、担当者によって当たりはずれが大きいので、担当者が親身になってくれない場合するには、遠慮せず交代を申し出たり、複数のエージェントに登録したりするようにしましょう。

遠方への転職活動では、面接のために、一度は都市に出て企業回りをする必要も生じます。

TV会議方式などで面接してもらえることもありますが、直接企業に出向いた方が、その企業の雰囲気も掴みやすく判断もしやすくなるので、できるだけ直接企業に出向いて、雰囲気を肌で感じることがおすすめです。

転職エージェントの担当者に相談して、なるべく近い日程で面接を組んでもらうように調整してもらいましょう。

また、転職に伴い、新生活では引っ越しが必要になることもあるかもしれません。

都市部の方が、おしなべて生活費が高くなるので、転職先の方が給料が高くなったとしても、トータルでは赤字になってしまう可能性も高いです。

毎月どれくらいの生活費が必要になるかを、予めシミュレーションしておき、希望額をしっかり計算しておきましょう。

また、将来的に地元への支店設立や、在宅勤務可能な制度を整えてくれる可能性があるかということなども、転職する際のポイントの一つとして考えておくといいでしょう。

まとめ

遠方への転職には、いろいろな不安がつきまといます。

どのようなケースでも、「現在の会社に在職したまま、転勤などで実現できないか」「移住後の生活シミュレーションをしっかり行っておく」「転職エージェントを最大限に活用する」ことを頭に入れておきましょう。

今までの仕事の経験を、転職後にも活かせるように、精一杯の転職活動を行いましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする