転職・求職

転職活動がうまくいかないときにチェックしてみるポイント

転職活動は順調に進んでいるでしょうか。

働きながら転職活動をしていると、思うように進まないことがあったり、無職の期間が長期になってくると、焦る気持ちが強くなってきたりもします。

書類選考がなかなか通らなかったり、面接までは進むけれど内定が出なかったり、また、内定が出て就職したものの、実際に働き始めてみると、自分の思っていた仕事とは違っていて、再度転職活動をせざるを得なくなってしまったということもあります。

頑張って転職活動を行っているのに、どうして良い就職先が見つからないのだろうと、気持ちが落ち込んでしまうことがあるかもしれませんが、自分を責めないようにしましょう。

転職もある意味「縁」です。

自分だけが悪いという訳でもありません。

転職活動中は、何かと自分の思った通りには進まないことも多いですが、だからと言って、ただやみくもに転職活動を続けていても、良い結果を得ることは難しいといえます。

どうして転職活動がうまくいかないのかを、今一度振り返って整理してみましょう。

転職に求める条件の優先順位の確認

転職活動が長引くと、いろいろな不安を感じるようになりますが、こんな時には、どうして自分が転職活動をすることになったのかを、今一度思い出してみましょう。

「前職の給与額に不満があった」「人間関係に疲れた」「仕事に将来性が感じられなくなった」「自分が本当にやりたい仕事をしてみたくなった」などなど。

転職活動の期間が長くなると、この辺りが見えなくなってしまうことがあります。

転職活動中、特に無職の場合には、どうしても求人票の給与額に目がいってしまいがちですが、転職活動を始めることになった理由を明確にしておくことが、満足できる転職を成し遂げるためには大切なことです。


諦めない、妥協しない

現職中の場合は、面接時間を合わせるのが難しかったり、業務が多忙であったりと、思うように転職活動ができないということがある一方で、無職の場合は、時間の融通がつけやすいですが、無職の期間が長くなると、転職には不利になると言われたりもします。

なかなか転職先が決まらないと「もう転職はできないかもしれない」という諦めの気持ちが芽生えてきて、とにかく早く転職活動を終わらせてしまいたいと思ってしまうことも少なくありません。

しかし、早く転職先を決めてしまいたいと思うあまり、自分の望む転職条件を貫くことなく妥協してしまい、転職後に「こんなはずではなかった」と後悔してしまっては、元も子もありません。

仮に、妥協してある会社から内定をもらったとしても、労働条件などに納得して入社するのでなければ、今一度初心に返って考え直してみることも大切なことです。

本当に満足できる条件でなければ、また、転職活動をしなくてはならなくなってしまうかもしれません。

転職活動に当たっての問題点の整理

転職活動がうまくいかないと感じている場合には、うまくいかない原因を洗い出してみましょう。

・書類選考が通らない
・採用面接で落とされてしまう
・内定は出たが、雇用条件が異なっている など

書類選考や面接については、各種転職サイトで対策が公開されているので確認してみましょう。

ハローワークの相談窓口では、書類の作成方法などについての指導をしてくれます。

また、転職エージェントに登録している場合には、履歴書や職務経歴書をチェックしてもらったり、模擬面接を実施してもらったりすることができます。

これらの転職エージェントのサービスは、無料で提供してもらえるので、積極的に利用するといいです。

内定は出たものの、求人票と条件が違っていたり、自分の希望とは違っていたりする場合は、自分は企業から認められているということなので、受諾するかどうか迷うところですが、そんな時は、内定通知書の条件で求人が出されていたとしたら、自分は応募したかどうかを考えてみましょう。

「応募しなかった」と思ったら、その内定は潔く辞退した方が無難です。

「応募しなかった会社」=「縁がなかった会社」ということです。

転職活動の期限を設定する

転職活動の期間が長くなると、どうしても不安が大きくなっていきます。

無職の場合には、転職活動の期間が長引くと、活動資金も乏しくなっていきます。

現職中の場合でも、転職に対するモチベーションが下がってきてしまうことも少なくありません。

だらだらと転職活動を続けていかないためにも、「転職活動は○○まで」と期限を設定することは、効率的に転職活動を進めていくに当たっては大切なことです。

一般的に、転職活動は3ヵ月程度が一つの目安といわれています。

3ヵ月活動しても転職先が決まらなかった場合には、一旦転職活動を中止するということも必要かもしれません。

現職中の場合は、現職に全力を注ぐことで、現職での不満を解消する手段が見つかるかもしれませんし、無職中の場合は、アルバイトなどをすることで、当面の費用の不安をなくして新たな縁を見つけることができるかもしれません。

ただ、転職活動を中止している間も、転職サイトなどで、良い求人が出ていないかのチェックはしておきましょう。

転職活動を一旦中止して、生活環境を変えることで、転職に対しての新たな視点が芽生えるかもしれません。

まとめ

転職が決まる決まらないは、会社との「縁」もあります。

転職するに当たって、自分の希望する条件を明確にしておくことが、転職を成功させるための第一歩になります。

その上で、転職活動がうまくいいかない場合には、どうしてうまくいかないのか、その原因を考えて整理してみましょう。

それでも進展がないと感じたら、一旦転職活動を中断してみることも選択肢の一つです。

時期的に、自分が希望する条件に合った求人が少ない時期なだけなのかもしれません。

自分にとって納得できる結果で転職活動が終われるように、頑張りましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする